YouTubeチャンネルはこちらから

超深場35m!ロクマル渡船の弁天筏に初挑戦!

ちぬ子

今回は、南伊勢町神前浦のロクマル渡船さんでダンゴ釣りをしてきました。水深35mの超深場「弁天筏」は、毎年11月から3月頃に弁天島側に掛けられる筏です。チヌはもちろんですが、大真鯛や大アジのチャンスがある夢いっぱいの釣り場ですね。初めての超深場で、ちぬ子はどんな釣りができるのでしょうか?

ロクマル渡船名物「弁天筏」に初挑戦!超深場で今年初チヌゲットなるか!?

やってきたのは、弁天島近くに掛けられた「弁天筏」です。
筏は2基並んで設置されていて、冬場は多くのお客さんが乗り合わせるという超人気の釣り場です✨

この日はラッキーなことに相乗り客が誰もいなかったため、乗せてもらうことができました😄

 

約半年ぶりとなるロクマル渡船さん。
前回のように良型チヌが現れて、楽しい釣りができるといいなー✌🏼

前回の記事はこちら▼
大チヌ半端ないって〜!「ロクマル渡船」

 

例年ならば、この時期には50センチ近い超大アジも回ってくるようなんですが、、、
大将のお話では、今年はまだ姿を見せていない様子😢
水温も1月にしてはかなり高いようなので、魚の回遊にも影響があるのかもしれませんね🌊

 

ちぬ子

まずはダンゴを10個入れ、釣座の準備をしてから釣り開始。
朝からダンゴを多めに打って、オキアミやシラサエビで攻めていく作戦です🦐

 

ギュギュッと握って、ドボンッ!

 

するするするする、、、するするするする、、、するする、、、する、、、

 

ながっ!!😳笑

底取りやダンゴの握り回数、水深に慣れるのにかなりの時間がかかりました。
仕掛けが安定しても、中層から底まで反応がなく、魚を寄せるのにまだまだ時間がかかりそうなので、、、
朝ごはんを食べて、気合いを入れましょう🍴

 

釣り場で食べるお餅の美味しさにすっかりハマった❣笑
じっくり焼いて、、、

 

ちぬ子

海苔を巻いて、お醤油でいただきま〜す😋
お餅の焦げたところが香ばしくて、最高!

朝食を満喫しながらも、30分以上オキアミを沈めていましたが、、、
回収すると無傷で戻ってきますね💧
その後も静かな海に、ダンゴを放り込むドボンッ!という音だけが響きます。

11時頃、ついにこの日初めてのチャンスが到来!
35m下で、ごく小さなアタリをとらえましたよ⚡

 

ビュン!とアワせて、上がってきたのは、、、

 

 

オコゼ!10センチ!!😅
深場でもアタリは明確に出て、ちょっと感動しました✨笑

水深15m前後の釣りに慣れているので、倍以上あると勝手が違います。
ダンゴの割れるタイミングをコントロールするのが、本当に難しかった💦
割れてほしい時に割れなかったり、逆に底まで届かなかったり、、、

エサ取りも少なく、潮流も穏やかですが、深さが違うとダンゴ配合も変わるんだな〜。そんな当たり前のことを真剣に考えながら、竿を構え続けました。

 

午後からは風が強くなってきたので、おでんで温まったり、、、

 

お正月の残りの、甘酒を飲んでみたり、、、

いろいろやってみましたが(食べてばっかり😝笑)、この日はオコゼで終了〜💧

アタリがないとダンゴの量も少なくなるので、魚を寄せるためのポイント作りから見直しが必要ですね。

ロクマル渡船の弁天筏は、冬でもダンゴ釣りで大チヌの釣果がある、三重県下有数のスポットです🐟状況が良ければ、複数枚釣れることもあるようです。
35mの深場なので難易度は高いですが、腕に覚えのある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか☺

ちぬ子

うおお、やっちまった!完全敗北とはまさにこのことだよ。風もあったし、チヌが釣れる予感はしていたのに、、、次回は深場用のダンゴをたくさん準備しなきゃ!今回学んだ経験を生かして、次こそきっと釣るぞ〜!
こんかいはおさかながたべれないにゃ〜、、。
はるのノッコミにさいちょうせんするにゃ!

すず

ちゃちゃ

ペーペーのくせにフカバとかちょうしにのるんじゃないにゃ!
アサバからでなおせにゃ!

 

当日の流れ
  • 06:30
    出船
  • 07:30
    釣り開始
    • 07:30 お餅の朝食
    • 11:00 ちびオコゼ
  • 12:00
    お昼休憩(おでん)
    • 14:30 甘酒のおやつ
    • 15:00 風が強くなってきた!
  • 16:30
    納竿
  • 17:00
    帰船
釣り場データ
釣行日 2019年1月11日
場所 南伊勢町神前浦
潮周り 中潮 (満潮 09:08 干潮 14:53)
水深 35メートル
天気 晴れのち曇り
気温 5.0度〜12.0度
風速 最大4.7メートル
使用タックル
ロッド CINUKO 50 EDITION・岡田工房(オリジナル)
リール セイハコウ60SP(シマノ)
ライン 筏かせ 2.5号(フィッシング遊)
ハリ ウルトラ競技チヌ 3号、4号(オーナー)
オモリ 月下美人2.5g〜5g、ガン玉 3B
使用エサ
ダンゴ 赤まる(1箱)、チヌパワー、荒びきさなぎ
刺し餌 オキアミ、シラサエビ、ニュー活さなぎミンチ激荒

渡船屋情報

店名 六丸渡船(六〇渡船)
住所 三重県度会郡南伊勢町神前浦
電話 090-1470-6678
営業時間 出船・最終の時間は船頭へ確認してください
定休日 船頭へ確認してください
駐車場 有り
ホームページ http://nice-fishing.com/rokumaru/

2 Comments

ジェット

こんばんは。
ブログアップお待ちしておりました\(^o^)/

35メートルはかなりの深場ですね。
僕の釣り場は20メートルなので、未知の世界です。
ダンゴの硬さをコントロールするのに苦戦しそうですね。
僕は1時間に一度、釣り糸に傷がないかを手で糸をたぐりながら点検するのですが、それほどの深場になると点検するのが大変そう。

ボウズでなくてよかったです。
深場でもオコゼのアタリは明確にでるんですね。
驚きです。

今回は難易度が高い釣りでしたね。
でも、おでんや甘酒おいしそうですね。
筏の上の食事はホントにおいしいですもんね。

今回もお疲れ様でした。
次回のブログも楽しみにしております。
ありがとうございました。

返信する
ちぬ子

ずっと乗ってみたかった筏に乗れて、とても嬉しかったです。
今回はチヌを釣ることができなかったけど、次は良い釣りができたらいいな〜と思います(^^)
そのためにも、ダンゴ配合の見直しは必須ですね!
策をしっかり練って、再挑戦しに行きます♪

外で食べるお餅やおでん、最高でした(^^)
また楽しい釣りをして、面白いブログがアップできるようにがんばりますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA