YouTubeチャンネルはこちらから

【ちぬ倶楽部】牡蠣とダンゴの併用で取材釣行!

ちぬ子

この日は取材釣行で、鳥羽市浦村の美浦渡船さんへ行ってきました。餌は牡蠣とダンゴを併用し、ノッコミ間際の大チヌを狙ってきましたよ!なんとか釣果を出したい一心で、真剣に海と向き合った結果は、、。今年初の年無しは、釣れたのでしょうか?

牡蠣とダンゴで大チヌを狙え

やってきたのは、美浦渡船さん。
毎年4月には牡蠣で爆釣するので、期待に胸をふくらませながら向かいました😄

 

編集の小泉さんと合流し、船に荷物を積み込んで準備します🌊

 

今回使うメインの餌は牡蠣ですが、、、
事前情報ではいまいち喰いが渋いとのことで、ダンゴも持って行くことにしました✌🏼

 

朝日を眺めながら、いざ出船☀

 

牡蠣クラッシュを撒き、まずは片割りからスタート🖐🏼

 

するする〜っと落ちていく餌が、トンッと着底して、、、

、、、

反応なし😓

聞いていたとおり、中層も底も活性は低いようですね。

 

すぐにむき身に変えて落とし込んでいきますが、餌は残ってきます。

この日は小潮で安定せず、一投ごとに仕掛けが違うところへ流れていきました💦
どうすれば魚が喰うのか、竿を構えながらかなり頭を悩ませました。

 

考えた末に、開始1時間でダンゴ釣りに変更します⚡

ちぬ子は牡蠣を餌にするときに、ダンゴを使ったことがありません。
併用するのは今回が初めてでしたが、牡蠣の時間とダンゴの時間をしっかり分けて、状況をみながら切り替えていくことにしました。

 

すぐに何かがヒットしますが、、、これは残念ながらフグ🐡
この後も何度かフグを釣りますが、いまいち活性も上がりきらない様子です。

どうしたものか、、、🙄

 

すると、牡蠣棚に挟まれた釣り場の前方で、牡蠣の作業が始まりましたよ✨
こんな時はチャンス到来!

すぐに餌を牡蠣に変え、作業場の真下に向かって投げ込みました。

 

ギューーーーン!!!

着底と同時にコツン、コツンでアワセると、ものすごい重み🤩

牡蠣の作業中に出る殻や身に、魚が集まってきているようです。

 

ゴンゴンと竿を叩くこの動きは、間違いなくチヌ

しかも、でかいっ!!⚡

右腕でなんとか耐えながら、隙をみて慎重にリールを巻いていきます

バシャバシャと暴れながら、水面に現れたのは、、、

 

 

 

キターーーー!!!チヌ!!

しかも、50センチジャストの年無し!!

やったよーーー😍

 

しかし、これで終わりではありません。

次の一投でも、、、

 

きたっ!!

またもや着底後すぐに分かりやすいアタリが出て、一気に竿が舞い込みました。

 

今度は45センチ!!

連続で黒様ゲットです✌🏼

嬉しい〜😊😊

 

2枚釣り上げると、次は反応がなくなりました💧

気づくと作業も終っていて、魚も警戒心を取り戻したようです。

潮がよく流れるので、どんどん送り込んでいくと、、、

 

潮下で喰った!!!

よーし、まだ居てくれたか〜!?

 

上がってきたのは、、、

 

アイナメ!!

やった、これは美味しそうな良型。

 

34センチ、嬉しい😋

おかず、おかず〜。笑

 

ここで、再びダンゴ釣りに切り替えます。
5個ほど投入してからお昼ご飯を食べ、しばらくはオキアミ、サナギ、ボケと刺し餌を変えながら探っていきました。

しかし、いまいちダンゴアタリがありません👀
試しにタングステンシンカー3gで、オキアミを落とし込んでみると、、、

 

宙層でキタ!!

ギューンと引ったくるアタリ👏🏼

 

45センチのチヌゲット😆😆

ダンゴに変えてもきてくれたので、本当に嬉しかったです。

しかし、それからまた苦戦。
風が弱まると、アタリが遠のいてしまいました💨

 

16時になり、この日いちばん潮が速くなりました😱
あまりにも流れるうえに納竿時刻が近づいてきたので、重たいオモリでボケを落とし、桶を洗うことにします。

いつも持ってはいるけれど、ほとんど使わない7.5gの月下美人Ⅱで完全に止めて、のんきにゴシゴシしていると、、、

ガタッ!!と音がして、竿が動いている!!

慌てて目をやると、穂先がぶんぶん振っていますよーー🤩

 

最後の最後に、やった!!

銀ピカの45センチ、釣れていました〜🤗

ちぬ子お得意の、よそ見釣法が炸裂!?笑

これにて釣りは終了でしたが、、、
4枚とも型が良く、さらに年無しも釣れて、大満足の釣行でした💕

 

また、この釣りの模様は「ちぬ倶楽部」6月号に掲載されています。

 

ぜひ、本屋さんや釣具屋さんなどで探してくださると嬉しいです😊

今回も、美浦渡船さんやちぬ倶楽部さん、そして声をかけてくださった常連さんたちのおかげで、本当に楽しい釣りができました。
ありがとうございました❣

 

ちぬ子

今回は牡蠣とダンゴを併用したんだけど、結果的にそれが良かったみたい。今年初の年無しと尺アイナメも釣れて、文句なしに最高の釣りができましたよ!早速持ち帰って、美味しい料理を作りました。

 

釣り上げた黒鯛とアイナメで、春らしい豪華ディナー

黒鯛の海鮮ちらし

この時期の黒鯛は脂がのっていて、本当に美味しいです。エビやいくらといっしょに、豪華なちらし寿司にしましたよ!もっちりと弾力のある身は、酢飯との相性バツグン!目にも鮮やかな、素敵な一品になりました。

チヌの刺し身(塩とごま油)

この日の収穫は、魚だけではありませんでした。編集の小泉さんに教えて頂いた食べ方は、刺し身に塩とごま油をかけるだけ!これがびっくりするほど美味しいんです。ごまの香ばしい風味が、口いっぱいに広がります。皆さんもぜひ一度、試してみてください。簡単ですよー。

アイナメの煮付け

魚料理の代表、煮付けは間違いなくうまい!しかも今回持ち帰ったオスの黒鯛の白子も加えて、甘辛く煮付けました。タレを含んだネギのトロッとした食感もグッド!ご飯がすすむこと間違いなしですね。

 

すず

しゅざいでホゲなくてよかったニャ〜
いつもはホゲホゲだニャ〜

ちゃちゃ

ちぬ子

そうそう!取材当日の動画は現在編集中です。
後日、YouTubeにアップしますので、チャンネル登録を是非よろしくお願いします!

 

YouTube動画



 

当日の流れ
  • 07:00
    出船
  • 08:00
    釣り開始
    • 11:30 チヌ(片割り)50センチ
    • 11:40 チヌ(片割り)45センチ
    • 12:00 アイナメ(片割り)34センチ
  • 12:30
    お昼休憩
    • 14:00 チヌ(オキアミ)45センチ
    • 16:00 チヌ(ボケ)45センチ
  • 16:10
    納竿
  • 16:30
    帰船
釣り場データ
釣行日 2019年3月29日
場所 美浦渡船
潮周り 小潮
(干潮 05:53 満潮 10:42)
水深 約10メートル
天気 晴れ
気温 6.7度〜14.1度
風速 最大4.4メートル
使用タックル
ロッド CINUKO 50 EDITION(オリジナル)
岡田工房(オリジナル)
リール セイハコウ60SP(シマノ)
ライン 筏かせ 2.5号(フィッシング遊)
ハリ 伊勢尼13号(がまかつ)
オモリ ガン玉4B〜5B、月下美人3g、月下美人Ⅱ7.5g
使用エサ
撒き餌 牡蠣クラッシュ(1桶)、あかまる、荒びきさなぎ
刺し餌 牡蠣(1カゴ)、オキアミ、サナギ、コーン、ボケ

渡船屋情報

店名 美浦渡船(美浦荘)
住所 三重県鳥羽市浦村町1225-3
電話 090-6766-0631
※電話は午後9時までに
営業時間 出船・最終の時間は船頭へ確認してください
定休日 船頭へ確認してください
駐車場 有り
ホームページ http://miuratosen.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA