YouTubeチャンネルはこちらから

【初心者向け】釣り筏のルールとマナー

ちぬ子

今回は、筏で釣りをする際の注意点について書きたいと思います。筏には、陸っぱりや船とはまた違ったルールとマナーがあります。みんなで気持ちよく釣りができるように、思いやりをもった行動を心がけたいですね。

出船時間に遅れないようにする

筏へは船で行くことになります。たくさんの釣り人が同乗して、順番に筏に降ろしてもらいます。遅刻をすると迷惑がかかりますので、出船時間は余裕をもって早めに着くようにしましょう。
(目安として30分前に到着していれば安心です。)

荷物の運搬はみんなで協力する

かかり釣りは荷物が多いため、バケツリレーのように、釣り人が協力し合って荷物を筏に渡します。手際よくスムーズに渡すことができるように、みんなで助けあいましょう。また、あさイチに「頑張ってください」と声をかけあうと、お互いに気持ちよく一日を過ごすことができます。

筏の上では静かに行動する

釣り筏は、フロートと呼ばれる複数の浮力体の上に木材を組み、その上を歩けるようになっています。揺れが伝わりやすい構造のため、ドタドタと歩くと筏全体が揺れます。かかり釣りは穂先の繊細なアタリをとるため、相乗りや連結筏の場合は、できるかぎり静かに行動しましょう。また、周りの筏に迷惑がかからないように、騒音にも気をつけましょう。

釣り道具を海に落とさないように注意する

筏の上では、広範囲を動かなくてすむように、釣り道具はコンパクトにまとめておきましょう。急な突風で荷物が飛ばないように、飛びやすいものはタックルケースにしまっておくか、ヒモと台ねじを利用して止めておきましょう。ゴミもしっかりと固定して、海を汚さないように細心の注意を払いましょう。

MEMO
初心者の方は、パラソルや椅子、ロッド等をよく落としますので注意してください。ロッドには「尻手ロープ」を付けて落下防止することをおすすめします。もし道具を落としてしまったら、渡船屋さんに伝えておくと良いですね。

ライフジャケットを着用する

平成30年2月から「すべての小型船舶の乗船者」に桜マークつきライフジャケットの着用が義務化されています。筏の送迎時には、小型船舶に乗船することになりますので、ライフジャケットを着用しましょう。また、筏の上でも安全のために必ず着用しましょう。

釣った魚を捌かない

釣った魚を筏の上で捌くのはマナー違反です。魚の血が海に流れることにより、本命が釣れなくなることがあります。また、鳥が集まり、糞で筏が汚れます。釣った魚を締めたり捌いたりするときは、渡船場に帰ってからにしましょう。

釣った本命の魚は、すぐにリリースしない

対象魚にもよりますが、釣った本命をその場でリリースすると、その後パッタリと釣れなくなることがあります。特に、大型の黒鯛などは警戒心が強いため、群れを連れて逃げてしまいます。リリースする場合でも、スカリに入れて帰りまでキープしておきましょう。その際は魚が弱らないように、気をつけましょう。

※その場でリリースしても問題ないというご意見もあります。対象魚やエリア、時期や活性にもよりますので、詳しくは渡船屋さんに直接聞いてみるのが良いでしょう。

トイレは綺麗に使う

共同で利用するトイレは、できるかぎり綺麗に使うように心がけましょう。ティッシュは海に流れても大丈夫なように、流せるティッシュを持参するのがおすすめです。

残った餌は、渡船屋さんに確認する

釣りを一日終えて、エサが残ることがあります。次回も使えるように保存し、できるかぎり持って帰るのが理想ですが、捨てて帰りたい場合には、渡船屋さんに相談しましょう。大量のダンゴを釣り場に撒いて帰ると、他のポイントにも影響がでてしまいます。余った場合はどうすれば良いのか、渡船屋さんに確認しましょう。

最後は筏の掃除をしてから帰る

一日、筏の上で釣りをすると、帰り際にはかなり汚れています。オモリや針などの仕掛けが落ちていたら拾い、バケツと桶を洗って、最後に、筏の上を海水で洗い流して綺麗にしましょう。ダンゴやオキアミが付着していると、鳥が集まり、糞で筏が汚れますので、しっかりと掃除しましょう。出したゴミは必ず、持ち帰りましょう。

帰りの迎え時間に遅れないようにする

迎えの船が来たときに、すぐに渡船できるように、時間に余裕をもって片付けをしておきましょう。夕まずめに限ってタイムオーバーということがよくありますが、諦めも肝心です。同乗者を待たせると迷惑がかかりますので、注意しましょう。
(目安として30分前から、片付けと掃除を開始すれば安心です。)

 

以上、釣り筏のルールとマナーをまとめました。
筏の周りには素晴らしい景色が広がり、いつもとは違った贅沢な時間をのんびりと過ごすことができます。初心者の皆さんも、ルールとマナーを守って、かかり釣りを楽しんでくださいね。

 

すず

ねこにもルールがあるにゃん。
さかなをよこどりしないことにゃー。

ちゃちゃ

6 Comments

そら

糸に針が付いたま捨てて有り、根掛巻き上げるとよく付いてきます。
マナーの悪い釣り人が多く残念です

返信する
ちぬ子

みんなの釣り場なので、ゴミなどが落ちないようにしないといけませんね(T_T)
来たときよりも綺麗な状態で帰れるように、気をつけたいと思います。

返信する
ミッキー

初コメです!
アメブロから楽しく拝読しております。
動画も気に入ってます!
これからも楽しみにしてま~す。
最後に携帯、スマホを海に落とすと1日がブルーになります。
皆さん注意しましょう(笑)

返信する
ちぬ子

ありがとうございます(*^^*)
確かに、携帯や財布、車のキーを落とすと、釣りどころじゃなくなりますよね。。
注意しましょう!(^^)

返信する
くろたろう

初コメで

釣った魚をすぐにリリースしても、釣れなくなることはまずないと思いますね。
たまに同じ意見を聞いたりすることもありますが、全く考えずに足元に即逃がしています。

スカリに入れると魚が傷むので即放流するようにしていますね

人それぞれの考え方があるので他の人の行為までは否定しませんけどね。

返信する
ちぬ子

そうなんですね!やはり時期やエリア、活性にもよりますよね。
誤解を招きそうなので、ブログに注意書きを追記させていただきました。
ご指摘いただきありがとうございました(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA